京都大学大学院情報学研究科

観光の個人化・分散化を実現するための
ユーザ生成コンテンツの統合分析・共有基盤の構築

ユーザのためのユーザによるユーザの観光へ

本研究では、まず、地域情報の分析基盤を構築して、地域の観光資源をユーザ視点から再発見します。そして、地域情報の共有基盤を構築して、地域の観光資源をユーザの実体験に基づいてプロモーションコンテンツを生成します。さらに、これらの基盤技術を用いて、観光資源の探索・推薦システムを開発して、地域観光活動の活性化を促進して、持続可能な地域社会の実現を目指していきます。

動画

パネル

質疑応答時間
11/5(木)16:00-17:00|11/6(金)15:00-16:00

※上記時間帯に限り質疑応答ボタンが表示されます。
ZOOMブレイクアウトルームによる質疑応答方法はこちら

質疑応答(Zoomブレイクアウトルームへ) 質疑応答(Zoomブレイクアウトルームへ)